LINK
カードを利用していると毎月加入カード会社から利用明細が郵送されてきます。これらの利用明細書にはどのショッピングセンターで何時何分にクレジットカードでいくら消費したのかに類する記録が見やすい表になっているため、さかのぼって使った決済の履歴を見るにおいて実にわかりやすく便利でもあります。これをメインとするのはなかなか困難のではないかと思いますが、ちょっとしたおこづかい帳のようなものとして見ることもいいアイディアだし支出管理の味方にもなるはずです。それにこの明細書郵送されてから一か月後経つか経たないかで利用代金の送金がされるわけです。だからこのクレジットカード利用明細を注意していてちょっとでも疑わしい項目、例えば使ったこともない項目が書かれていたらクレジットカード会社に連絡して尋ねればいいことがほとんどです。本当にスキミングによる犯罪をはじめとする第三者による決済が判明したようであってもカード所持者にミスがないならば、大方の場合は加入カード会社がその類の正当でない支払いを免除してくれます。最近ではこのようなクレジットカード利用明細書をネットで見ることができるカードが増えてきています。普段からいついくらで購入したかを注意しておくといったことで不正を防止するのはもちろんのこと出納帳として使うアイディアもあり資産管理などもこれだけで可能になります(WEBページでユーザーの履歴を参照可能なカードは昔の使用履歴や来月以降の請求額等も確認できるようになっています)。クレカは上記の点でもとても有益な道具になっていると言えます。