LINK
任意整理とは一般的に負債整理というふうにも言われ、おのおのの貸方へ返金を行っていくことを前提とした債務を整理する選択のことをいいます。具体的な手続きでは、司法書士事務所や弁護士の有資格者貸し手と債務者との仲介役として利息制限法によって利息の再計算をしてから再計算した借金の元金にかかってくる利息を削減することにより36か月ほどの期間で返済を完了する債務の整理の対策です。任意整理には警察などをはじめ国家機関が管理することはないため他の選択肢と比較した場合手続きした際の不利になる点がほとんどなく方策は債務者にとってほとんど問題がないためまずここから比較したほうがよい方法になります。それから、貸方が消費者金融といった法外な金利であるなら利息に関する法律で定められている利子を超えて振り込んだ金利においてはその元金に充てられるとして借金の元金それ自体を減額することもできます。だから、消費者金融といったとても高い年利を取る業者に対してある程度の期間返している例では予想以上の支払額を減額できるようなこともありますし、10年近く返している場合には元金自体が償却されるような場合もあります。任意の整理の有利な点とすると破産宣告とは異なり特定の借金のみをまとめていくことが可能ですので他に保証人が関与している借金以外だけで整理をしていく際やクルマのローンを除いて手続きをしていく場合などでも活用することもできますし、全ての財産を処分することは要求されていないため、貴金属やマンションなどの自分の資産を保有していて、手放したくない状況でも有用な借金整理の手順になるでしょう。ただ、手順を踏んだ後の返済に必要となる額と現実として可能な収入額を比較して、返済の目処が立つようである場合は方法を選択することが可能ですが、破産宣告とは違い返済義務そのものが消えてしまうという意味ではありませんので、負債の総量がだいぶある状況の場合実際的には任意での整理の方法を取るのは困難であると考えるのが無難でしょう。